50過ぎのタクドラが、THVシステムを使って海外FXに小額で挑み、悪戦苦闘する日々を綴ったブログ

安定した生活を目標に小額で始めたFX。想像以上に悪戦苦闘しています(^^ゞ。市場から強制退場されないように頑張るのみです(汗)

 

4月19日の朝、EUR/JPYのトレードから退場一歩手前までの連敗が始まりました。そのきっかけを、検証したいと思います。

4月19日の取引で、持っていた証拠金のほとんどを失うというトレードを次から次へと行ってしまいました。
そのきっかけになったのが、日本時間で12時頃から16時頃(チャート上は、6時頃から10時頃)にかけてエントリーした、EUR/JPYでした。
今から思い返せば、複数のミスが重なり判断力が落ちてゆく中で、取引を繰り返していた様が分かるのですが、
その取引を振り返り、同じミスを繰り返さない為の戒めと、同じような場面に出会ったときに、どのような判断をすべきなのか?を自分なりにまとめておこうと思います。

なので、読まれている皆さまには、反面教師として役立つ?かもしれませんが、どちらかと言えば自分への戒めであったり、新しく意識しなければならないルールであったりを綴りますので、ご了承ください。

下のチャートは、4月19日のEUR/JPYの5分足を示したものです。
133.00円のところにラインを引いています。
数字は、それぞれロングのエントリーをしたポイントを示しています。

この日は早朝に日米首脳による共同記者会見が行われました。
その会見で、対米貿易について厳しい指摘がなされるのではないか?という観測が薄まり、目新しい材料が無いことが確認され、上値の重石が一つ外れたような状況でした。

①は、OANDAのオープンオーダーで133円付近にストップロスが厚めにあることが見て取れていたので、133円を越えたら買いのエントリーをしようと、逆指値買いのオーダーを入れたものです。
結果的に、133.020円で約定し、132.900円においていた、ストップロスを突破しました。
決済の約定は、132.899でしたので、-12.1pipsでした。

②は、再度133.00円に挑みそうな勢いだったので、成り行きで132.945円でロングのエントリー。T/Pを133.035に置いていたのですが、失速してしまい132.840円においていたストップロスを突破してしまいました。
約定価格は、132.835円でしたので、-11.0pipsでした。

③は、133円を越えていたので、これも成り行きで133.042円でロングのエントリー。
132.890円においていたストップロスを突破し、約定価格は132.899円でしたので、-15.3pipsでした。

この3つの取引で、証拠金を1万円近く溶かした私は、その後は判断も曖昧なまま、他の通貨ペアでの無謀なエントリーを繰り返し、結果的に2万円を越える証拠金を一日で溶かしてしまいました。
これで残金は、わずかなものとなってしまったのです。

以下、反省と新たなルールを幾つか綴ります。


※仮説で逆指値までは良いとしても…
EUR/JPYのチャートで、133.000円はレジスタンスラインとして意識されていたと思います。
それ故に、このラインを越えれば上昇にブレイクする可能性はあったと思っています。
つまり、今回の取引では、仮説に基づく逆指値買いを入れるまでは、有りだと思っています。
しかしながら…

※仮説が外れたら追いかけない
今回、133.000円に何度か挑みましたが、結果としてブレイクできずに跳ね返されています。
数回のトライで跳ね返されているということは、その上値が厚いことの裏返しです。
特に、③の取引はロングではなくショートの場面でした…
それらを含めて、外れた仮説に拘っていてはダメだということを、改めて思い知らされました。
外れた仮説を直ぐに捨てられれば、②③と無駄なエントリーは無かったと思います。

※①の逆指値は要求を満たしていたのか?
①の取引では、逆指値を133.020円に入れていました。
しかし、これは2つの意味で要求を満たしていないものでした。
1つは、スプレッドの関係…
ASKラインは133円を越えていても、BIDラインは越えていないので、そもそも133円を越えた逆指値という要求すら満たしていませんでした。
1つは、ブレイクを捉えられる値だったのか?という疑問…
133円を越えたとしても、押し戻されてしまうことは良くあります。
今回のケースは正にそのケースだったのですが、ブレイクしたと確度を高く言える様な値ではありませんでした。
それは考えなければならないと思いました。
これも、逆指値をキッチリと検討していれば、②③の取引はありませんでした。

※ブレイクするかもしれないときの、逆指値価格は?
そもそも、今回の仮説の逆指値はいくらに設定すれば良かったのか?
これについては、考えさせられます。
たぶん、133.1より上で、S/Lが132.98くらいの設定あたりが妥当だったようにも思うのですが、どの程度レジスタンスラインを越えればブレイクと見て良いのか?
これは、経験を重ねながら答えを探していくしか無いのだろうと思います。
いずれにしても、仮説は成り立たなかったのですが、何回も追いかけることは無かったのではないかと思っています。

eurjpym50419.png


応援していただけると励みになります!
&にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ

100通貨単位で取引できるので、私は主にここを使っています
 ⇒マネーパートナーズ


海外口座は、人気No.1のXM Tradingに口座を作りました
 ⇒XM Tradingのホームページ


GemForexは、ライセンス未登録。でもレバ1,000倍と豊富なボーナスは捨てがたい
 ⇒GemForexのホームページ



関連記事
スポンサーサイト

Comments



 

 
06-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

Search
引っ越してきました
Twitterで、取引の際に何を考えていたのか?チャートを眺めながら何を考えているのか?を呟き始めました。
その呟きをまとめておきたいと考えると、ライブドアブログでは難しいのでFC2ブログに引っ越してきました。
それでタイトルにFC2版と入っています。
元のブログは、こちら

応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ

ご意見などは、mailやTwitterでもどうぞ…
mb.eshisei39@gmail.com
@Fx_shisei


【PR】
100通貨単位で取引できるので、私は主にここを使っています


海外口座は人気No.1のこちらを使い始めました


ライセンス未登録!でもレバ1,000倍と豊富なボーナスは捨てがたい


プロフィール

Shisei

Author:Shisei

都内でタクシードライバーを10年と少しやっています。

家族のことやら景気動向のことなどを考えたら、もう少し経済的なゆとりも欲しいところ。
そこで始めたのがFXでした。

昨年4月に取引を始めて、秋に一旦リセット…
3月から、再スタートを切りました。

原資は…
マネーパートナーズに7,000円
XM Tradingに14,000円(ボーナス込みで、証拠金31,000円)
GEMFOREXに7,000円(ボーナス込みで、証拠金24,000円)
これで、再スタートしました。

ブログの記述には細心の注意を払うつもりですが、素人ゆえの勘違いや誤った記載に関しては、ご容赦いただけると幸いです。

応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ

ご意見などは、mailやTwitterでもどうぞ…
mb.eshisei39@gmail.com
@Fx_shisei


因みに…
英語学習の歩みを綴っている、こんなブログもupしています。
50歳過ぎのタクドラが英語をやり直そうと思っているのだけど(^^ゞ

 
RSSリンクの表示
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 
カウンター